UNIFOOD

FOOD SAFETY

安心・安全

継続的な品質向上

ユニ・フードは、「お客様に満足され、安心してお使い頂ける安全な製品を提供し続ける」をモットーに、
継続的な品質向上に取組んでいます。
また、積極的に外部からの工場見学や監査を受け入れ、お客様のご要望にお応えできる生産環境を目指しています。

生産環境

2009年3月に、HACCPの概念を取り入れた工場を建設、移転しました。衛生区域を設定して、モノ、ヒト、空気、水は、交差汚染がないように生産施設を配置し、原料・資材の入荷、製造、出荷に至るまで、安全な製品をご提供できる環境を整えました。

物の流れ

物の流れ
  • 外より入荷された原料は、受け入れ検査を経て、原料倉庫にプールされます。
  • 計量室にて、原料をレシピに応じて計量します。
  • 製造室にて、からしやたれを製造し、パイプラインもしくは移動タンクにて充填室に送液します。
  • 送液されたからしやたれは、充填室にて小袋もしくはボトル・缶に充填、箱詰めされ、製品として検査室に送られます。
  • 検査室にて種々の検査に合格した製品は、製品倉庫に保管され、ご注文に応じて、出庫・出荷されます。

この一連の過程では、左図矢印のように一方の方向で物が移動します。
これにより、衛生区域に入った原料が非衛生区域に戻ったりするような交差汚染を防ぎ、衛生的な環境を保っております。

衛生区域
空気を含めて清潔なエリア
非衛生区域
外気・物・人が直接外から出入りするエリア
一般区域
衛生区域への前室的エリア
事務棟
工場と別棟

人の流れ

人の流れ
  • 社員玄関より屋内用の上履きに履き替え、入室。
  • 更衣室にて作業着に着替え、帽子、毛髪防止用ネットを装着します。
  • サニテーションルームにて、衛生区域用の靴に履き替え、マスクを装着のうえ、粘着ロールで作業着等に付着した毛髪・ホコリを除去します。手洗い、指先殺菌後、エアシャワーを通って、衛生区域内入場します。
  • 各担当部署に入室。

衛生区域に入場するには、必ずサニテーションルームを通って、上記の一連の衛生作業を経ないと入場できません。
従って、何の衛生作業をせず衛生区域、非衛生区域を行き来することはなく、人による交差汚染も防いでいます。

衛生区域
空気を含めて清潔なエリア
非衛生区域
外気・物・人が直接外から出入りするエリア
一般区域
衛生区域への前室的エリア
事務棟
工場と別棟

品質管理

品質管理

検査

日々生産される製品については、お客様にお届けする前に、適切に製造され安全であることを確認するため、原料受入れ時から出荷までの各過程で、品質保証スタッフが種々の検査を行っています。

1 原料受け入れ
原料包装の破損や汚れ、賞味期限などを確認
2 製造
からしやたれが規格どおりに製造されたかを確認
  • 各種分析検査(Brix、PH、塩度、粘度など)
  • 官能検査(味、色、香りなど)
3 最終検査
適切に包装されているか、その内容物が衛生的に問題ないかを確認
  • 目視検査(シール状態、カット位置など小袋の状態確認、ラベル、ケースなど外観確認)
  • 生菌検査(一般生菌、大腸菌など)

トレーサビリティ

生産工程を正確にトレースするため、ITを利用して原料入荷から製品出荷まで原料ロットの賞味期限や使用製造設備、充填機等のデータを管理し、トラブルが発生した際に迅速に対応できるよう努めております。

  • お客様に満足され、信頼して頂ける安全な商品を提供しつづけるため、ISO9001を取得し、
    品質の向上に全社を上げて取り組んでいます。
  • ISO

工場見学

どのような場所で、どのように製造しているかを
直接ご確認頂けます

2009年3月にHACCPの概念を取り入れた工場を建設、移転し、更なる品質向上に努めております。そこで、ご商談頂くお客様にはご契約前、後を問わず、弊社工場をご覧いただき、どのような場所で、どのように製造しているかを直接ご確認頂けるようご案内しております。 実際の製造の過程を隠すこと無くご案内し、ご不明点など真摯にお答えいたします。

工場見学

お申し込みは、お問い合わせページから
※工場案内は、あくまでもお取引を前提としたものであり、現場学習等の教育目的ではございません。ご了承下さい。