UNIFOOD

ABOUT US

会社案内

江戸時代末期の安政年間に、千葉県船橋の地にて創業した弊社は、菜種、からし種の集荷、搾油、販売業を元とし、戦時中は統制会社として、戦後は小石油脂工業株式会社として、発展してきました。1965年(昭和40年)には、原料事情の変化と食生活の洋風化という市場の変化に対応すべく、高度な加工食品の製造販売を目的として、ユニ・フード株式会社を設立しました。

設立当時、「からし」といえば粉がらしが一般的でしたが、より便利に利用できる練りからしを提供すべく、フィルムでパックされた製品の研究開発を始めました。その時期は小袋充填技術が確立されていなかったため、充填機械から自社独自に開発し、練りからしの風味を長期間に渡って保持する事ができる小袋パックを製品化致しました。

現在は、長年培ってきた技術とノウハウを生かし、たれ、ソース、スープ、ドレッシング、黒蜜など幅広いジャンルを対象に、味の開発から製造、小袋充填まで一貫して行い、お客様に提供しています。また、学校給食向けにアーモンドクリームなどの小袋パックや肉巻きなどの冷凍食品を販売するなど幅広く活動しています。

2002年(平成14年)には、お客様に安全・安心で、高品質の商品をお届けするためにISO9001を取得しました。

2009年(平成21年)3月には、千葉県印西市にある松崎工業団地内に新工場を建設・移転し、更なる品質向上と業務拡大に取り組んでいます。

会社概要

会社名 ユニ・フード株式会社 (Unifood Co., Ltd.)
所在地 千葉県印西市松崎台1-7-5
代表者 小石 桂三
資本金 4,075万円
従業員 70名
創業 1858年(安政5年)
設立 1965年(昭和40年)
業種 からし、たれ・ソースなど調味料、スープ、黒蜜など
取引銀行 千葉銀行(津田沼支店)、三菱東京UFJ銀行(船橋支店)、日本政策金融公庫(千葉支店)
主な納入先 株式会社アサヒコ、株式会社アキタ、あづま食品株式会社、伊藤ハム株式会社、株式会社加藤美蜂園本舗、ケンコーマヨネーズ株式会社、株式会社サンジェルマン、ソントン食品工業株式会社、株式会社シャトレーゼ、太子食品工業株式会社、タイヘイ株式会社、タカノフーズ株式会社、株式会社富澤商店、株式会社東京デーリー、株式会社日本アクセス、日本製粉株式会社、株式会社フォーシーズ、フジフーズ株式会社、株式会社マルシンフーズ、株式会社マルハニチロ食品、三井食品株式会社、株式会社ミツカン、山崎製パン株式会社、株式会社雪国まいたけ、雪印メグミルク株式会社、ヤマエ久野株式会社、B-R サーティワン アイスクリーム株式会社、各県学校給食会 ほか
沿革

沿革

安政年間 創業。菜種、からし種の採集、搾油、販売業を始める。
1941(昭和16)年 戦時統制により、千葉辛子粉工業有限会社と改称し、存続。
1947(昭和22)年 小石油脂工業株式会社に改称。
1964(昭和39)年 練りからし工場新設
1965(昭和40)年 ユニ・フード株式会社設立。 練りからしの小袋パック製造・販売開始。
1967(昭和42)年 餃子たれの製造・販売開始。
1970(昭和45)年 アーモンドクリームの製造・販売開始。
1981(昭和56)年 冷凍食品の製造・販売開始
1984(昭和59)年 工場増築
1989(平成元)年 事務棟新設、工場増築
1997(平成6)年 工場増築
2002(平成14)年 ISO9001取得
2009(平成21)年 千葉県印西市、松崎工業団地内に本社工場、建設・移転
2011(平成23)年 清涼飲料、乳製品、添加物の製造許可取得
2015(平成27)年 設立50周年
アクセス

アクセス

北総線 印西牧の原駅より車で約5分
京成線 勝田台駅より車で約30分

Google Map